ファイル 27-3.jpg

 第86回全国高校サッカー選手権大会県大会において、われらが那覇高の後輩たちが1-0で西原を下し、3度目の決勝挑戦にして初めて、悲願の初優勝を遂げた。
【試合模様】
決勝は11/4、小雨降る強風の中、県総合運動公園陸上競技場で行われた。名護、南風原に勝ち上がった那覇高は、この日、右の新城からのサイド攻撃でペースを作り、一方、那覇西を下した西原はセンターにボールを集めようとするが、那覇の好守備に攻めあぐねる試合展開。
前半14分、強風を追い風に攻める那覇は仲間のフリーキックか ら糸数がヘッディングシュートで先制、その後も優勢に試合を進めた。後半は一転して攻勢に試合を運ぶ西原が再三シュートを放つが得点できず、最後までよく粘った那覇が1点を守りきって初の栄冠を手にした。

 那覇高チームは全国選手権大会(12月30日開幕・国立競技場)に県代表として出場する。沖縄県勢の選手権での成績は12年前のベスト8が最高。長きに渡ってサッカー後進県と言われた沖縄もここ数年で大きく変化している(インターハイ準優勝、国体全国制覇など)。
 創立以来「文武両道」をモットーに多くの生徒が勉強に部活にと励んでいる中、体育系は、サッカーをはじめ、バスケット、剣道等多くの部が県内大会でベスト8以上の成績を挙げている。
 今回勝ち得たこの優勝で夢の「国立」へ向け、持てる力を十二分に発揮して好試合を展開して欲しいものである。声援・応援をお願いしたい。