記事一覧

行事・イベント > 慰霊祭

平成30年度二中健児の塔慰霊祭

  • 2018年06月27日(水)17時07分
  • by 同窓会事務局

「鉄の暴風」が吹き荒れ島全体が焦土と化して、早や73年の月日が経てしまいました。先輩方のご冥福を祈り、悲惨な戦争を再び繰り返さない事を誓い、平和を祈り続けたいと願います。

今年もご遺族、二中同期生、城岳同窓会員、那覇高職員・PTA、教育実習生、生徒会役員学級代表、吹奏楽部・合唱部、放送部、剣道部、写真部、男子バスケットボール部など多くの方々がご参列戴きました。御礼申しあげます。

那覇高校では、平和校教育の一環として、前日(22日)の午後から、城岳公園に建立された「二中健児の塔」をはじめ、学校周辺を全校生徒で分担して清掃活動を行ないました。

そして23日(土)、厳かに慰霊祭が挙行されましたので、その様子をお伝えします。

◎清掃活動(6月22日)

▼「二中健児の塔慰霊祭」に向けて清掃活動の意義について宮里会長から説明がなされた。
ファイル 436-2.jpg

▼1年生は学校周辺の清掃にあたった。
ファイル 436-3.jpg

▼2年生は開南向け「せせらぎ通り」と裁判所通りを清掃
ファイル 436-4.jpg

▼3年生は明日の「二中健児の塔慰霊祭」城岳公園を心を込めて清掃した。
ファイル 436-5.jpg

▼当日には、多くのご遺族がお見えになるので念入りに清掃をした。

◎二中健児の塔慰霊祭(6月23日)

▼同窓職員と教育実習生が受付を行なった

▼各学級代表からの献花

▼吹奏楽部が厳かに献奏を行なった

▼宮里博史会長による「追悼の辞」

▼「誓いの言葉」津波古泰志生徒会長

▼遺族代表謝辞を金城恒陽氏が述べた。

▼焼香の後、慰霊碑に刻銘されている名前に触れて、ご冥福を祈る。

▼今年も「武陽会」から小林正美会長(右から4番目)と藤原康延TBSプロデューサー(左から3番目)が参列下さいました。

▼総会・懇親会実行委員(41期生)が駐車場係も手伝いながら参列してくれました。

▼二中健児の塔慰霊祭実施要項
ファイル 436-1.jpg

告知・報告

新旧の同窓会長と新副会長でマスコミ表敬

  • 2018年06月21日(木)10時24分
  • by 同窓会事務局

宮里博史新同窓会長の就任にあたり、平成30年6月20日(水)に宮里博史新同窓会長と嘉数昇明前同窓会長及び與那覇博明新副会長の4名で沖縄タイムス社と琉球新報社を表敬訪問を行いましたのでご報告いたします。

1)沖縄タイムス社

▼沖縄タイムス社を表敬訪問。左奥から榮門琴音記者、上原徹社長、瑞慶山秀彦取締役が対応下さいました。
ファイル 435-1.jpg

▼宮里博史氏から新会長としての抱負を述べるとともに、110周年記念ゴルフ大会への協力を依頼いたしました。
ファイル 435-2.jpg

2)琉球新報社

▼琉球新報社を表敬訪問。右奥から、宮城悟役員室長、当銘千絵記者が対応下さいました。
ファイル 435-3.jpg

▼2020年の創立110周年に向けて協力を依頼をいたしました。
ファイル 435-4.jpg

 

城岳同窓会より

県立二中・那覇高等学校創立110周年記念ゴルフ大会

  • 2018年06月19日(火)15時33分
  • by 同窓会事務局

2020年に二中・那覇高等学校は創立110周年を迎えます。

会員相互の親睦を深めると共に、110周年に向けた資金造成の為「県立二中・那覇高等学校創立110周年記念ゴルフ大会」を平成30年9月17日(月)に琉球ゴルフ俱楽部に於て開催致します。

50組、200名を予定しておりますので、多くのエントリーをお待ちしております。同期会、又は月例のコンペを9月17日に当てて戴ければ幸いです。ご予約については、琉球ゴルフ俱楽部へ直接、お申し込み下さい。

尚、参加は難しいが、なんらかの形でご協力出来る方は琉球銀行及び沖縄銀行で、受付けております。

また、時節柄厳しい折では御座いますが、賞品のご寄贈を戴ければ幸いに存じます。どうぞ、賞品提供申込み書をご活用下さるか、賞品委員会委員長の宮城 敦までご連絡頂ければすぐに対応させて戴きます。

案内PDFをダウンロードする

▼案内PDF・ページ1
ファイル 434-1.jpg

▼案内PDF・ページ2
ファイル 434-2.jpg

▼案内PDF・ページ3
ファイル 434-3.jpg

▼案内PDF・ページ4
ファイル 434-4.jpg

案内PDFをダウンロードする

 

城岳同窓会より

理事会で宮里博史氏が新会長に就任

  • 2018年06月05日(火)18時49分
  • by 同窓会事務局

平成30年5月26日

就任挨拶

ファイル 433-1.jpg
城岳同窓会
会長 宮里 博史(21期)

 嘉数前会長の後任として、「歴史と伝統ある城岳同窓会」第9代目の会長に就任することになりました。宜しくお願い申し上げます。

 嘉数前会長には長年にわたり同窓会の役員としてご尽力いただき感謝申し上げます。又、同窓会だけでなく島田叡氏事跡顕彰会の会長として顕彰碑の建立や島田氏と当時の警察部長、荒井退造氏お二人の功績を広くアピールし、さらにその輪がお二人の出身地兵庫県、栃木県含めて様々な形で広がりつつあります。それ以外でも多岐わたるご活躍をしておられます。

 こうした嘉数前会長の後任として大役を担うことになり身が引き締まる思いであります。副会長の嘉納勝さん、金城美智子さん、宮城勉さん、與那覇博明さん、事務局長の與儀幸英さんをはじめ理事、代議員、同窓会会員の皆様のご協力を得て母校発展に向けて頑張っていきたいと思います。

 先ほど「歴史と伝統ある城岳同窓会」と申し上げましたが、我々が忘れてはならない先輩方の熱い思いについて5つの出来事を紹介いたします。

 一つ目は1953年に二中・那覇高校の同窓会を統合して現在の城岳同窓会を立ち上げてくれました。これによって二中・那覇高校の一体感・一貫性が確立されました。

 二つ目は、1957年に二中健児の塔を奥武山公園に建立しましたがその後公園整備のため移転を余儀なくされました。1990年に当時の役員・関係者のご尽力で創立80周年記念事業の一環として、奥武山公園から城岳公園への移設が実現しております。学校の近隣に移設されたことで毎年の慰霊祭には平和学習の一環として多数の生徒も参加することができ、また祀られている先輩方にとっても二中校歌「楚辺原頭に風清く、永遠にゆるがぬ城岳」と歌われている場所から、母校・後輩たちを見守ることができ、より意義深いものとなりました。

 三つ目に、かつては学校内に城岳会館がありました。しかし、校舎整備のため取り壊しとなり、活動拠点として同窓会館の確保が課題となっておりました。1996年にタイミングよく現在の学校正門隣に会館を取得することができました。そして、その原資は二中のある先輩から以前に同窓会に寄付された体育館敷地を県に売却することで捻出し会館の取得が実現しております。これによって、学校と同窓会の連携及び同窓会活動が効率的に行なわれています。

 四つ目に2008年に二中の先輩A氏から1億円のご寄付を得て、大学に進学する生徒への奨学金制度ができました。昨年にはさらに同氏から5千万円を追加していただき海外体験留学制度もスタートしました。この制度によって同窓会から母校支援の内容が一層充実したものになりました。またA氏奨学制度の支援を受けた生徒たちが将来立派な社会人となり、後輩たちの良い手本となってくれるものと思います。

 五つ目に2010年に、創立100周年を迎えて、記念式典、祝賀会、芸能祭、100周年記念誌の発刊等記念事業を成功裏に行うことができました。

これら5つの出来事は、それぞれ実現するまでには多くの困難があったかと思いますが先輩方の「城岳魂」すなわち母校を愛し、後輩たちをサポートしていこうとする熱い思いと関係者の理解・協力を得て成し遂げられたものであります。

まさに「城岳同窓会の歴史と伝統」を表すものとして、我々は決して忘れてはならない出来事であります。

 さて、母校那覇高校は2020年10月に創立110周年を迎えます。記念事業をどのようなものにするかはこれから、学校、PTA、同窓会そのほかの関係者とも協議して検討しますが母校、同窓会の発展に寄与する内容、「城岳魂」が受け継がれるものにしたいと思っています。その節は皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。110周年記念事業の一環として「第1回ゴルフ大会」を3月に行いましたが、第2回目を9月17日に琉球ゴルフ倶楽部で行います。お誘いあわせの上、多くの校友の参加をお待ちしております。

 今年も3月に第71期生として435名の後輩たちが卒業しました。二中から累計しますと約4万3千人もの同窓生がおります。その間多くの人材を輩出し、県内外各分野で活躍されていることは誠に喜ばしいことであります。

 母校の生徒たちは和衷協同・積極進取の校訓を基本に文武両道で頑張っております。

 我々同窓会として、これまで同様母校の支援及び同窓生相互の交流促進、特に同期生会の定例開催推進、そして110周年記念事業の成功に向けて取り組んでいきたいと思います。皆様方のご支援を宜しくお願い申し上げます。

行事・イベント > 総会・懇親会

平成30年度 総会・懇親会

  • 2018年06月04日(月)22時08分
  • by 同窓会事務局

2018年二中・那覇高 城岳同窓会総会・懇親会が、5月26日(土)ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューに於て開催されました。

総 会:17:00 羽衣の間
懇親会:18:30 彩海の間
を、それぞれ開催しました。

定時社員総会は厳粛なうちに慎重審議がなされ、議事はスムーズに進行し、嘉数昇明氏が顧問に、宮里博史氏が新会長に、與那覇博明氏が新副会長にそれぞれ選任されました。

その後、彩海の間で、大懇親会が行なわれ520名余の同窓生が参集しました。和やかな雰囲気で、懇親・懇談が行なわれるやいなや、一瞬の間に高校時代にタイムスリップして、同期やクラス毎にグループが出来て、いつの間に2時間が経ってしまいました。

今年は11期生が卒業60周年ということで、64名の皆さんが参加しました。宮里博史新会長から11期生を代表して大宜見義夫氏に記念品が贈呈されました。

当日ご参加出来なかったには、懇親会プログラムをご覧になりながら、総会・懇親会の様子を写真でご紹介します。

▼2018懇親会の表紙とプログラム
ファイル 432-1.jpg

▼LAST平成集まれはちゃぐみ!でお迎え
ファイル 432-2.jpg

▼平成30年度の総会の開会です。
ファイル 432-3.jpg

▼嘉数昇明氏による会長あいさつ
ファイル 432-4.jpg

▼有銘寛之による監査報告。
ファイル 432-5.jpg

▼元気ハツラツな大先輩方

▼花の6期生

▼卒業60周年の11期生は64名集いました。

▼11期生

▼11期生

▼開会の辞を41期実行委員長の金城 寿氏が行なう。

▼宮里博史新会長から嘉数昇明前会長へ感謝状の贈呈

▼宮里博史新会長による力強い就任のあいさつ

▼卒業60周年の11期生を代表して大宜見義夫氏があいさつ

▼今年の最も若い参加者は70期生、左から大見謝守君(沖国大)、玉城和為君(琉大)、津覇誉一君(明大)

▼来年は私達42期生が総会・懇親会をしっかりと引く継ぎます。

▼42期を代表して新垣喜成氏が決意表明をした。

▼2018年大懇親会の参加に対して御礼をする41期大嶺 等実行委員統括

▼今回初めてハワイから参加下さいました聖田京子先生です。

ページ移動